行政書士で法律家~独学で行政書士になって周囲をギョギョ!っと~

案内

採用される為には

公務員になるにはどうしたらよいか

ペン

公務員になるにはどうしたらよいか、一言で言ってしまえば、「採用試験を受験して、合格して、採用してもらう」となります。ですが、厳密に言えば、職種や自治体によって採用までのプロセスが異なります。 例えば、国家公務員になるためには、採用試験に合格した後に官庁訪問と呼ばれる、各省庁に採用される為の面接が待ち受けています。採用試験に合格しただけでは、面接を受ける権利を得たに過ぎません。一方、県庁や市役所などの地方公務員では、採用試験の合格=内定としている所が比較的多くなっています。また、採用試験の内容も、筆記試験重視の所もあれば、面接でほとんど決まってしまう所まで様々です。 公務員になるには、受験する自治体の採用試験の詳細をよく調べてから、受験対策を行うことが大切です。

効率的に学習を進める方法

近年、公務員は大変人気のある職業となっており、自治体にもよりますが、その倍率は年々上がる傾向があります。なぜなら不況の影響を受けて、安定志向を持った求職者が増えているからです。景気回復の見通しが不透明な中、今後もしばらく公務員試験の倍率が高い状態が続くことが予想されます。そんな厳しい状況の中、採用試験を突破して公務員になるには、しっかりとした受験対策をして臨むことが大切です。資格の取得が必要なのです。 公務員になるには、予備校や専門学校の講座を利用するのがオススメです。公務員試験はとにかく試験範囲が膨大で、中でも国家公務員や地方上級を受験するには、教養試験だけでなく専門試験対策もしなければなりません。効率的に広範囲の知識を習得するには、公務員試験対策の専門講座でポイントを絞った学習を行うのが効果的です。